現在ページ

経営成績分析

当社グループ(当社及び当社関係会社。以下同様。)は、当社、連結子会社8社及び持分法適用関連会社2社の計11社で構成されており、主に精密減速装置とその応用製品であるメカトロニクス製品(アクチュエーター及び制御装置)を生産・販売する精密減速機事業を専ら営んでおります。

事業環境

2018年3月期 連結累計期間(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)における当社グループの事業環境は、主に製造業における生産能力の増強や生産性向上を目的とした自動化及び省力化に対する高い投資意欲に支えられ、前年度を大幅に上回る過去最高の受注実績となるなど、良好に推移しました。

連結売上高

2018年3月期 連結累計期間における用途別の売上高につきましては、用途別の受注動向につきましては、産業用ロボット向けは、家電やスマートフォンなどの製造ラインで使用される組立用の小型ロボット向けが大幅に増加しました。また、従来の産業用ロボットとは異なり、安全性を確保したことで人と並んで作業することができる協働型ロボット向けの需要も増加しました。半導体製造装置向けは、家電やスマートフォンに組み込まれるメモリーの需要が増加したことに加え、AIによる音声認識、防犯の画像解析、自動運転のセンサーや制御等の機能の高度化により半導体の需要が増加したことから、設備投資が拡大した恩恵を受け、良好な受注実績となりました。フラットパネルディスプレイ製造装置向けも、新型スマートフォンなどに有機ELディスプレイの採用が拡大したことや大型テレビ用の高精細液晶パネルの設備投資があったことなどにより受注が増加しました。

これらの結果、当連結会計年度の売上高は前期比80.7%増加の543億39百万円となりました。

連結売上高(単位:百万円) 上期(第2四半期累計期間)/下期 2014年3月期:10,411/10,671 2015年3月期:12,700/13,250 2016年3月期:13,919/14,359 2017年3月期:14,550/15,518 18年3月期:25,014/29,325

連結損益

2018年3月期 連結累計期間における、損益面につきましては、生産能力増強投資の実行による減価償却費の増加に加え、急激に増加した需要に対応するため生産現場の工員を増員したことなどから、製造費用や販売費及び一般管理費は増加したものの、売上高の増加に伴う増益効果により、売上総利益は前期比85.4%増加の257億3百万円、営業利益は前期比61.2%増加の125億98百万円、経常利益は前期比53.6%増加の122億28百万円となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は、前期はドイツ子会社の保有株式を再評価することによる特別利益139億63百万円を計上しましたが、当期は当該利益計上が無かったことから、前期比59.2%減少の80億59百万円となりました。

なお、製品群別の売上高は、減速装置が446億43百万円(前期比85.6%増)、メカトロニクス製品が96億95百万円(前期比61.3%増)で、売上高比率はそれぞれ82.2%、17.8%となりました。

連結営業利益(単位:百万円) 上期(第2四半期累計期間)/下期 2014年3月期:2,404/2,263 2015年3月期:3,633/3,433 2016年3月期:4,005/3,612 2017年3月期:3,978/3,835 2017年3月期:6,341/6,257

連結損益計算書

(単位:千円)
  前連結会計年度
(自 平成28年4月1日
至 平成29年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成29年4月1日
至 平成30年3月31日)
売上高 30,069,057 54,339,573
売上原価 16,202,282 28,636,270
売上総利益 13,866,775 25,703,303
販売費及び一般管理費 6,052,853 13,104,479
営業利益 7,813,921 12,598,823
営業外収益
受取利息 10,230 17,908
受取配当金 175,308 252,061
持分法による投資利益 145,534 24,822
有価証券売却益 3,166
その他 39,825 243,514
営業外収益合計 370,898 541,473
営業外費用
支払利息 6,698 42,332
売上割引 30,552
株式交付費 180,279
支払手数料 30,080
為替差損 146,572 578,070
その他 42,595 80,618
営業外費用合計 225,947 911,853
経常利益 7,958,872 12,228,443
特別利益
固定資産売却益 1,075 4,012
補助金収入 100,000
段階取得に係る差益 13,963,373
特別利益合計 13,964,448 104,012
特別損失
固定資産売却損 17
固定資産除却損 19,116 10,614
固定資産圧縮損 100,000
役員退職特別加算金 29,280
特別損失合計 48,396 110,631
税金等調整前当期純利益 21,874,925 12,221,824
法人税、住民税及び事業税 2,388,487 5,005,284
法人税等調整額 マイナス411,572 マイナス1,105,607
法人税等合計 1,976,915 3,899,677
当期純利益 19,898,009 8,322,147
非支配株主に帰属する当期純利益 165,964 262,402
親会社株主に帰属する当期純利益 19,732,045 8,059,744

連結包括利益計算書

(単位:千円)
  前連結会計年度
(自 平成28年4月1日
至 平成29年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成29年4月1日
至 平成30年3月31日)
当期純利益 19,898,009 8,322,147
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 1,120,934 2,685,525
為替換算調整勘定 マイナス1,113,201 3,688,438
退職給付に係る調整額 マイナス130,537 29,821
持分法適用会社に対する持分相当額 マイナス33,572
その他の包括利益合計 マイナス156,378 6,403,785
包括利益 19,741,631 14,725,932
(内訳)
親会社株主に係る包括利益 19,618,852 13,847,194
非支配株主に係る包括利益 122,778 878,737

チャート

アクセスランキング
  1. 決算短信
  2. 役員一覧
  3. 決算短信
  4. IRニュース
  5. IR資料

集計期間:2018年05月14日 ~
2018年05月20日

  • ハーモニックドライブ®の原理