現在ページ

経営成績分析

当社グループ(当社及び当社関係会社。以下同様。)は、当社、連結子会社8社及び持分法適用関連会社2社の計11社で構成されており、主に精密減速装置とその応用製品であるメカトロニクス製品(アクチュエーター及び制御装置)を生産・販売する精密減速機事業を専ら営んでおります。

事業環境

当第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)における当社グループの事業環境は、受注動向については軟調な動きが見られたものの、製造業における生産性向上や省力化などを目的とした設備投資が堅調であったことに加え、高水準の受注残高にも支えられたことから、総じて良好に推移しました。

連結売上高

当第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)における用途別の売上高につきましては、前年同期比で、自動車やスマートフォン、家電などの生産自動化に使用される産業用ロボット向けが増加したことに加え、半導体製造装置向け、フラットパネルディスプレイ製造装置向け、モーターメーカー向けギアヘッドなどをはじめ主要用途全般が増加しました。
これらの結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は、前年同期比31.4%増加の164億38百万円となりました。

なお、製造群別の売上高は、減速装置が前年同期比35.2%増加の138億1百万円、メカトロニクス製品が同14.5%増加の26億37百万円で、売上高比率はそれぞれ、84.0%。16.0%となりました。

連結売上高(単位:百万円) 上期(第2四半期累計期間)/下期 2014年3月期:10,411/10,671 2015年3月期:12,700/13,250 2016年3月期:13,919/14,359 2017年3月期:14,550/15,518 18年3月期:25,014/29,325

連結損益

当第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)における損益面につきましては、生産能力増強投資を実施したことにより減価償却費が増加したことに加え、製造部門をはじめとする人員増などにより製造費用や販売費及び一般管理費が増加したものの、売上高の増加による増益効果が上回り、営業利益は前年同期比69.5%増加の46億68百万円となりました。また、主に営業利益の増益に伴い、親会社株主に帰属する四半期純利益も前年同期比73.5%増加の30億63百万円となりました。

連結営業利益(単位:百万円) 上期(第2四半期累計期間)/下期 2014年3月期:2,404/2,263 2015年3月期:3,633/3,433 2016年3月期:4,005/3,612 2017年3月期:3,978/3,835 2017年3月期:6,341/6,257

連結損益計算書

(単位:千円)
  前第1四半期連結累計期間
(自 平成29年4月1日
至 平成29年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 平成30年4月1日
至 平成30年6月30日)
売上高 12,511,900 16,438,835
売上原価 6,609,699 8,491,583
売上総利益 5,902,200 7,947,251
販売費及び一般管理費 3,148,649 3,279,210
営業利益 2,753,550 4,668,040
営業外収益
受取利息 4,144 4,656
受取配当金 995 1,315
持分法による投資利益 9,643 2,760
為替差益 9,976 105,037
その他 39,446 71,385
営業外収益合計 64,208 185,153
営業外費用
支払利息 11,360 2,313
売上割引 12,708 7,610
その他 27,649 4,799
営業外費用合計 51,718 26,226
経常利益 2,766,040 4,826,968
特別利益
固定資産売却益 1,354 15,834
補助金収入 100,000
特別利益合計 101,354 15,834
特別損失
固定資産売却損 60,453
固定資産除却損 2,090 11,495
固定資産圧縮損 100,000
特別損失合計 102,090 71,948
税金等調整前四半期純利益 2,765,304 4,770,854
法人税、住民税及び事業税 866,357 1,190,988
法人税等調整額 41,441 252,988
法人税等合計 907,799 1,443,977
四半期純利益 1,857,504 3,326,876
非支配株主に帰属する四半期純利益 91,780 263,661
親会社株主に帰属する四半期純利益 1,765,723 3,063,215

連結包括利益計算書

(単位:千円)
  前第1四半期連結累計期間
(自 平成29年4月1日
至 平成29年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 平成30年4月1日
至 平成30年6月30日)
四半期純利益 1,857,504 3,326,876
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 766,527 マイナス1,691,500
為替換算調整勘定 2,108,456 マイナス1,293,320
退職給付に係る調整額 マイナス194 2,510
その他の包括利益合計 2,874,790 マイナス2,982,309
四半期包括利益 4,732,295 344,567
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益 4,358,450 408,194
非支配株主に係る四半期包括利益 373,844 マイナス63,627