現在ページ

経営成績分析

当社グループ(当社及び当社関係会社。以下同様。)は、当社、連結子会社8社及び持分法適用関連会社2社の計11社で構成されており、主に精密減速装置とその応用製品であるメカトロニクス製品(アクチュエーター及び制御装置)を生産・販売する精密減速機事業を専ら営んでおります。

事業環境

当連結会計年度における世界経済は、米国、欧州の景況は総じて堅調に推移しましたが、中国では財政健全化に伴う金融政策の引き締めや米中貿易摩擦の影響などにより、成長スピードが鈍化しました。また、国内経済は、個人消費や設備投資が底堅く推移したものの、夏に発生した自然災害や年度後半には輸出が減速するなどの影響により、徐々に不透明感が強まりました。

当社グループの受注環境は、半導体業界の先行き懸念や、中国における製造業の設備投資計画の見送りや縮小などの影響を受け、厳しい状況となりました。また、これらを主因とした需要減少に加え、前期の受注高がお客様からの旺盛な先行発注により高水準であった反動を受け、連結受注高は前期比46.4%減少の448億45百万円となりました。

連結売上高

当連結会計年度における連結売上高は、期初の豊富な受注残高に支えられたことに加え、前期から取り組んでまいりました生産能力の増強施策が奏功し、前期比24.8%増収の678億9百万円となりました。

用途別の売上高の動向は、産業用ロボット向けは、家電やスマートフォンなどの製造ラインで使用される組立用の小型ロボット向けが増加しました。また、従来の産業用ロボットとは異なる、安全性を確保したことで人と並んで作業することができる協働型ロボット向けの売上高も増加しました。半導体製造装置向けは、メモリー、ロジックICに関連する設備投資が増加したことにより、前工程向けを中心に売上高が増加しました。フラットパネルディスプレイ製造装置向けも、有機ELディスプレイ向け、大型テレビ用の高精細液晶パネル向けの売上高が増加しました。

連結売上高(単位:百万円) 上期(第2四半期累計期間)/下期 2015年3月期:12,700/13,250 2016年3月期:13,919/14,359 2017年3月期:14,550/15,518 2018年3月期:25,014/29,325 2019年3月期:34,474/33,335

連結損益

当連結会計年度における収益面につきましては、生産能力増強投資を実施したことにより減価償却費が増加したことに加え、製造部門の増員などにより製造費用が増加しました。また、売上高の増加に伴う梱包発送費の増加に加え、研究開発費、販売促進費などの積み増しにより、販売費及び一般管理費も増加しました。このように費用は増加したものの、売上高の増加による増益効果がこれを上回り、営業利益は前期比34.2%増加の169億3百万円、また、主に営業利益の増益に伴い、親会社株主に帰属する当期純利益も前期比43.9%増加の116億1百万円となりました。

なお、製品群別の売上高は、減速装置が568億85百万円(前期比27.4%増)、メカトロニクス製品が109億23百万円(前期比12.7%増)で、売上高比率はそれぞれ83.9%、16.1%となりました。

連結営業利益(単位:百万円) 上期(第2四半期累計期間)/下期 2015年3月期:3,633/3,433 2016年3月期:4,005/3,612 2017年3月期:3,978/3,835 2018年3月期:5,761/6,837 2019年3月期:8,914/7,989

連結損益計算書

(単位:千円)
  前連結会計年度
(自 2017年4月1日
至 2018年3月31日)
当連結会計年度
(自 2018年4月1日
至 2019年3月31日)
売上高 54,339,573 67,809,268
売上原価 28,636,270 37,363,210
売上総利益 25,703,303 30,446,058
販売費及び一般管理費 13,104,479 13,542,293
営業利益 12,598,823 16,903,765
営業外収益
受取利息 17,908 24,543
受取配当金 252,061 251,297
持分法による投資利益 24,822 9,954
有価証券売却益 3,166
為替差益 40,536
その他 243,514 341,517
営業外収益合計 541,473 667,849
営業外費用
支払利息 42,332 22,785
売上割引 30,552 37,214
有価証券評価損 22,607
株式交付費 180,279
為替差損 578,070
その他 80,618 24,495
営業外費用合計 911,853 107,103
経常利益 12,228,443 17,464,511
特別利益
固定資産売却益 4,012 18,585
補助金収入 100,000 160,410
特別利益合計 104,012 178,995
特別損失
固定資産売却損 17 44,585
固定資産除却損 10,614 201,961
固定資産圧縮損 100,000 160,410
特別損失合計 110,631 406,957
税金等調整前当期純利益 12,221,824 17,236,549
法人税、住民税及び事業税 5,005,284 5,233,796
法人税等調整額 マイナス1,105,607 マイナス508,058
法人税等合計 3,899,677 4,725,738
当期純利益 8,322,147 12,510,811
非支配株主に帰属する当期純利益 262,402 908,953
親会社株主に帰属する当期純利益 8,059,744 11,601,858

連結包括利益計算書

(単位:千円)
  前連結会計年度
(自 2017年4月1日
至 2018年3月31日)
当連結会計年度
(自 2018年4月1日
至 2019年3月31日)
当期純利益 8,322,147 12,510,811
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 2,685,525 △2,153,117
為替換算調整勘定 3,688,438 △2,177,505
退職給付に係る調整額 29,821 10,205
その他の包括利益合計 6,403,785 △4,320,417
包括利益 14,725,932 8,190,393
(内訳)
親会社株主に係る包括利益 13,847,194 7,698,391
非支配株主に係る包括利益 878,737 492,002

チャート

アクセスランキング
  1. 決算短信
  2. 決算短信
  3. 単体受注高・売上高
  4. IR資料
  5. 決算説明会

集計期間:2019年05月13日 ~
2019年05月19日

  • ハーモニックドライブ®の原理