現在ページ

経営成績分析

当社グループ(当社及び当社関係会社。以下同様。)は、当社、連結子会社8社及び持分法適用関連会社2社の計11社で構成されており、主に精密減速装置とその応用製品であるメカトロニクス製品(アクチュエーター及び制御装置)を生産・販売する精密減速機事業を専ら営んでおります。

事業環境

当連結会計年度における当社グループの受注環境は、年の前半は中国を始め世界的に製造業の設備投資計画が見送りや縮小されたことに加え、過年度におけるお客様からの旺盛な先行発注の反動による発注調整の影響を受け、厳しい状況となりました。年の後半にかけては、一部のお客様において過剰在庫の解消が進んだことに加え、半導体関連の需要が回復したことにより受注環境に底打ちが確認されたものの、通期の連結受注高は前期比33.0%減少の300億29百万円となりました。

連結売上高

当連結会計年度における用途別の売上高の動向につきましては、産業用ロボット向けはお客様及び当社代理店各社の当社製品に係る在庫調整の影響を受け前期比で減少しました。一方、従来の産業用ロボットとは異なり、安全性を確保したことで人と並んで作業することができる協働型ロボット向けの売上高は増加しました。また、半導体製造装置向けは、年の後半から一部で需要の回復がみられましたが、通期での売上高は減少しました。フラットパネルディスプレイ製造装置向けは、設備投資案件が乏しく前期比で売上高が減少しました。

連結売上高につきましても、受注高が減少した影響を受け、前期比44.7%減少の374億87百万円となりました。

なお、製品群別の売上高は、減速装置が280億31百万円(前期比50.7%減)、メカトロニクス製品が94億56百万円(前期比13.4%減)で、売上高比率はそれぞれ74.8%、25.2%となりました。

連結損益

当連結会計年度における損益面につきましては、このような厳しい事業環境に対応するため、設備投資の一部凍結による減価償却費の抑制や、徹底した経費管理によるコスト削減に取り組んでまいりましたが、売上高の減少による影響を吸収するには至らず、営業利益は前期比99.6%減少の67百万円となりました。また、営業利益の減少に加え、繰延税金資産を取り崩した影響も受け、親会社株主に帰属する当期純損失は8億32百万円(前期は親会社株主に帰属する当期純利益116億1百万円)となりました。

連結損益計算書

(単位:千円)
  前連結会計年度
(自 2018年4月1日
至 2019年3月31日)
当連結会計年度
(自 2019年4月1日
至 2020年3月31日)
売上高 67,809,268 37,487,753
売上原価 37,363,210 25,484,453
売上総利益 30,446,058 12,003,299
販売費及び一般管理費 13,542,293 11,935,746
営業利益 16,903,765 67,553
営業外収益
受取利息 24,543 33,358
受取配当金 251,297 251,491
持分法による投資利益 9,954
為替差益 40,536 1,205
その他 341,517 524,818
営業外収益合計 667,849 810,874
営業外費用
支払利息 22,785 113,165
売上割引 37,214 41,472
持分法による投資損失 68,461
有価証券評価損 22,607
租税公課 62,144
その他 24,495 93,978
営業外費用合計 107,103 379,222
経常利益 17,464,511 499,205
特別利益
固定資産売却益 18,585 10,539
補助金収入 160,410 60,410
特別利益合計 178,995 70,949
特別損失
固定資産売却損 44,585 2,838
減損損失 307,829
固定資産除却損 201,961 46,840
固定資産圧縮損 160,410 60,410
特別退職金 26,569
特別損失合計 406,957 444,487
税金等調整前当期純利益 17,236,549 125,667
法人税、住民税及び事業税 5,233,796 646,141
法人税等調整額 △508,058 105,859
法人税等合計 4,725,738 752,001
当期純利益又は当期純損失(△) 12,510,811 △626,333
非支配株主に帰属する当期純利益 908,953 206,169
親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△) 11,601,858 △832,503

連結包括利益計算書

(単位:千円)
  前連結会計年度
(自 2018年4月1日
至 2019年3月31日)
当連結会計年度
(自 2019年4月1日
至 2020年3月31日)
当期純利益又は当期純損失(△) 12,510,811 △626,333
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 △2,153,117 △1,715,672
為替換算調整勘定 △2,177,505 △1,616,856
退職給付に係る調整額 10,205 △146,892
その他の包括利益合計 △4,320,417 △3,479,421
包括利益 8,190,393 △4,105,755
(内訳)
親会社株主に係る包括利益 7,698,391 △3,986,274
非支配株主に係る包括利益 492,002 △119,481