現在ページ

ロータリーアクチュエータ ACサーボアクチュエータ  RSFsuperminiシリーズ

特長

  • 小型・軽量・高出力
  • ブレーキ付アクチュエータを標準ラインナップ
  • 高精度位置決め
  • 広い運転領域
  • DC24V電源対応
  • 堅牢な構造(エンコーダケーブルに耐屈曲ケーブルを採用)

RSF superminiシリーズはハーモニックドライブ®と小型ACサーボモータを組み合せた、小型・高トルク・高回転精度のACサーボアクチュエータです。
DC24V電源の専用ドライバHA-680とのセットにより、高回転精度でコンパクトな機械装置を実現します。

採用市場

型式

ACサーボアクチュエータ

RSF(1)—5(2)B(3)—50(4)—E(5)050(6)—C(7)—SP(8)

  1. 機種:ACサーボアクチュエータ RSFシリーズ
  2. 型番:3、5
  3. バージョン記号
  4. ハーモニックドライブ®の減速比:30、50、100
  5. エンコーダの種類 E:インクリメンタルエンコーダ
  6. エンコーダの分解能 020:200p/rev 050:500p/rev
  7. C:コネクタ付(標準品)
    BC:ブレーキ及びコネクタ付(型番5のみ)
    無記入:オプション無し
  8. 無記入:標準品
    SP:特殊品

ACサーボドライバ

HA(1)—680(2)—4(3)B(4)—24(5)

  1. 機種:HAシリーズ
  2. シリーズ:680
  3. 定格出力電流:
    • 4:4A
  4. 対応記号
    • B:RSFsuperminiシリーズ
  5. 電源電圧:DC24V

中継ケーブル

アクチュエータとドライバを接続するケーブルと、ドライバとパソコンを接続する通信ケーブルがあります。

適用ケーブル 型式
モータ用 EWA-M**-JST04-TN2
エンコーダ用 EWA-E**-JST09-3M14
ブレーキ用 EWA-B**-JST03-TMC
EIA-232用 HDM-RS232C(ケーブル長さ1.5m)

接続用コネクタ

ドライバ用の各種接続用コネクタです。セット内容により2種類あります。

4種類セット(CN1,CN2,TB1,TB2)
型式:CNK-HA68-S1
2種類セット(CN2,TB2)
型式:CNK-HA68-S2(中継ケーブルをご使用の場合はこちらが必要となります)
  • エンコーダ用の中継ケーブルは、ドライバとの接続に必要です。
  • ブレーキ用の中継ケーブルは、ブレーキ付アクチュエータの使用時に必要です。

専用通信ソフトウェア(無償):PSF-520

HA-680ドライバのパラメータの設定・変更を行う専用通信ソフトです。
弊社ホームページ[http://www.hds.co.jp/]よりダウンロードが可能です。なお、HA-680ドライバは、専用通信ソフトPSF-520で全てのパラメータ設定を行います。

定格表

項目\型式 RSF-3C RSF-5B
減速比 30 50 100 30 50 100
許容連続トルク N・m 0.03 0.07 0.11 0.18 0.29 0.44
許容連続回転速度(出力軸) r/min 150 90 45 150 90 45
許容連続ストールトルク N・m 0.04 0.08 0.12 0.28 0.44 0.65
最大トルク N・m 0.13 0.21 0.3 0.5 0.9 1.4
慣性モーメント(GD2/4) 注3 標準品 kg・m2 0.11×10-4 0.29×10-4 1.17×10-4 0.66×10-4 1.83×10-4 7.31×10-4
ブレーキ付 0.11×10-3 0.31×10-3 1.23×10-3
エンコーダ分解能 注4 パルス/回転 24,000 40,000 80,000 60,000 100,000 200,000
質量 標準品 g 31.0(クランプフィルター除く) 66.0(クランプフィルター除く)
ブレーキ付 86.0(クランプフィルター除く)
組み合せドライバ HA-680-4B-24 HA-680-4B-24
外形図
寸法表

表紙画像

PDFファイル PDFファイル
CADデータ

表紙画像

アクチュエータ形式 標準品 DXFファイル DXFファイル
ブレーキ付 DXFファイル
カタログ

表紙画像

PDFファイル(2.52MB) PDFファイル(2.52MB)
  • ※1 上表の値は、出力軸における値を示しています。
  • ※2 上表の値は、組合せドライバ(HA-680-4B-24)と組み合わせたときの値です。
  • ※3 慣性モーメントは、モータ軸とハーモニックドライブ®の慣性モーメントの合計値を、出力側に換算した値です。
  • ※4 エンコーダ分解能は(モータ軸エンコーダ4逓倍時分解能)×(減速比)の値です。

お問い合わせ

こちらの製品に関するご意見はお問い合わせフォーム、もしくは最寄りの営業所までご連絡ください。