現在ページ

環境への取り組み

当社グループは、地球環境に対して、企業の社会的責任を深く認識し、当社グループの事業目的であるトータル・モーション・コントロールの追求を通して、自然破壊の速度を抑えるべき優れた技術・サービスを社会に提供し、地球環境の保護に努めることを方針としております。

環境方針(環境マネジメントシステム)

当社は、地球環境に対して、企業の社会的責任を深く認識し、当社の事業目的であるトータル・モーション・コントロールの追求を通して、自然破壊の速度を抑えるべき優れた技術・サービスを社会に提供し、地球環境の保護に努める。

  1. 開発から回収・廃棄に至る全ての生産プロセスにおける環境負荷の評価と環境破壊抑制型の技術開発に努め、環境に調和した商品を創出し提供する。
  2. 環境関連法・条例を遵守し、且つ自主管理目標を設定し、活動計画の見直しを通じて管理レベルの向上を継続的に実行する。
  3. 資源・エネルギーの効率的利用を図り、廃棄・排出物の低減とリサイクルに努め、環境負荷の低減を目指す。
  4. 環境方針は、従業員及び当社に関連する関係会社・協力会社へ周知させる。
  5. 地域社会での環境保護活動に参加し、地域との共存に努める。

ISO14001 認証取得

ISO14001

ハーモニック・ドライブ・システムズは、環境に対する企業の社会的責任を果たすことを目的として、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001を取得し、地球環境の保護を重要な経営課題の一つとして認識し、その改善に取り組んでおります。

適用範囲は、本社、穂高工場、東京営業所、北関東営業所、甲信営業所、中部営業所、関西営業所、九州営業所の全拠点です。

環境マネジメント推進体制

ハーモニック・ドライブ・システムズは、環境方針に基づき、年度ごとに各事業本部が取り組むべき重要課題と目標を設定し、それをマネジメントプログラムに展開する仕組みを設けることにより、各職制の自律的な環境活動の推進と、環境マネジメントシステムの効率的な運用に努めております。

環境マネジメント推進体制図

2016年度の環境活動の総括

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

活動方針 中期計画 2016年度の活動と成果
  1. 環境に調和した商品の開発と提供
  1. 1)環境規制物質の撤廃及び化学物質審査に関する国際規制への対応
  2. 2)新製品設計における環境評価の充実
  1. 1)環境規制物質管理
    改正RoHS指令への対応やREACH規則を含む自主管理物質を定め、グリーン調達制度および社内分析検査による保証体制を確立し運用を継続しています。
  2. 2)新製品設計評価制度
    製品の製造、輸送、使用、廃棄の各段階におけるエネルギー使用効率向上、排出物削減及び分解分別性向上等に対する設計上の配慮を評価する仕組みを確立して実践しています。
  1. 環境負荷を低減した生産プロセスの構築
  1. 1)電力利用効率の向上とCO2削減
    目標:前年度実績に対し、5%(売上高原単位)削減
  2. 2)排出物の抑制と再資源化の促進
    目標:再資源化率99%以上
  1. 1)CO2排出量
    売上高原単位で前年比5%増加しました。生産能力向上を目標に工場の増床並びに生産設備の導入を実施。太陽光発電設備を導入し削減を目指しましたが、残念ながら増加となりました。
    (参照:ハーモニック・ドライブ・システムズ穂高工場における電力利用効率向上とCO2排出削減の状況
  2. 2)排出物の総排出量
    売上高原単位で前年比9%の増加となりましたが、排出実績では24%増となりました。再資源化率は97.6%と高水準を保っており、昨年度より10%増加となりました。
    (参照:ハーモニック・ドライブ・システムズ穂高工場における産業排出物の抑制と再資源化促進の状況
  1. 省エネへの対応
  1. 1)社内インフラの整備
  2. 2)モニタリングシステムの更新
  1. 1)空調設備の更新:エネルギー効率向上と細やかな温度管理が可能
  2. 2)従来システムより細やかなモニタリングが可能となり、電力使用状況の異常値の早期発見と迅速な対応が可能となりました。
  3. 3)蛍光灯からLED照明へ切替実施
  4. 4)太陽光発電装置の導入(11月より稼働:63,657kwh発電)
  1. 地域・国際社会への情報開示と貢献
  1. 1)地域環境への貢献
  1. 1)地域の環境保全への取組みとして、工場周辺道路の清掃を実施
    (参照:地域清掃活動

ハーモニック・ドライブ・システムズ 穂高工場における電力利用効率向上とCO2排出削減の状況

ハーモニック・ドライブ・システムズ穂高工場の2016年度の電力利用効率向上への主要な取り組みは以下の通りです。

  1. 製造工程の生産性向上
  2. 操業時間外(休日・夜間)の節電
  3. 工場施設及び設備の省エネ化(更新時)
  4. 空調管理強化
  5. 蛍光灯のLED化
  6. 太陽光発電の導入(2016年度)11月より稼働

2016年度における電力消費は、前年比19.4%増の837万kWになりました。売上高原単位でも前年比5%の増加となりました。

電力使用量実績 電力量:'01 357万Kw '02 416万Kw '03 495万Kw '04 484万Kw '05 475万Kw '06 485万Kw '07 515万Kw '08 506万Kw '09 539万Kw '10 615万Kw '11 575万Kw '12 554万Kw '13 575万Kw '14 639万Kw '15 701万Kw '16 837万Kw 売上高:'01 76億円 '02 85億円 '03 117億円 '04 127億円 '05 123億円 '06 146億円 '07 152億円 '08 124億円 '09 105億円 '10 172億円 '11 151億円 '12 141億円 '13 162億円 '14 216億円 '15 208億円 '16 237億円

売上高原単位で前年比5%増加しました。生産能力向上を目標に工場の増床並びに生産設備の導入を実施。太陽光発電設備を導入し削減を目指しましたが、残念ながら増加となりました。

CO2排出量実績

ハーモニック・ドライブ・システムズ 穂高工場における産業排出物の抑制と再資源化促進の状況

2016年度における排出総量実績(原単位)は、前年比9%増となりました。排出実績を比較すると、24%増となりました。再資源化率は2009年度から徐々に上昇傾向を示しており、2014年度・15年と鈍化しましたが、ここにきて10%増加となりました。結果再資源化率は目標(99%以上)に対し97.6%となりました。

地域清掃活動

ハーモニック・ドライブ・システムズ穂高工場では、地元地域へのボランティア活動として地域清掃を環境目標に掲げており、年に2回実施しております。

地域清掃の様子

ソニーグリーンパートナーに認定

当社がお客様への取り組みの一環として行っている「ソニー規制物質の監視体制」は、ソニー株式会社様で定められている「SS-00259部品・材料における環境管理物質管理規定」において、優良な取り組みと認められ、ソニーグリーンパートナー認定書を付与されております。