現在ページ

サステナビリティの考え方

サステナビリティ基本方針

当社は、持続可能な社会の実現と中期的な企業価値の向上に向けて、以下の通りサステナビリティ基本方針を策定し、2022年3月25日開催の取締役会において決議致しました。

サステナビリティ基本方針

私たちは、「個人の尊重」、「存在意義のある会社」、「共存共栄」、「社会への貢献」という4つの柱で構成された経営理念に基づき、トータル・モーション・コントロールを提供する技術・技能集団として、社会をより良くするための技術革新に貢献することで、持続可能な社会の実現と企業価値の向上を目指します。

サステナビリティの歩み

当社は、2020年に創立50周年を迎えました。
これまでの歩みを振り返りますと、1980年代に自動車の生産ラインに溶接・塗装用にロボットが使われるようになったことから、産業用ロボット向けに減速機の売上が増加し、1990年代以降はITの普及に伴い、半導体製造装置向けやフラットパネルディスプレイ製造装置向けの売上が増加するなど、当社グループ製品の用途拡大と社会の技術革新は密接な関係にあります。現在は先進医療、協働ロボット、サービスロボット、航空宇宙、モビリティ向けなどにも当社グループの製品が多く使われております。
このように、当社グループは、社会が抱える課題を解決するための技術革新に製品が採用されることで成長して参りました。

また、「経営理念」に基づき、法令の遵守、倫理的な事業活動の徹底、社員及びその家族、お客様、株主様・投資家様、お取引先様、地域社会など様々なステークホルダーの皆様との調和を図ることを目的に、環境・社会・ガバナンスにも取り組んで参りました。

今後も持続可能な社会の実現と、中長期的な企業価値の向上を目指して参ります。

行動憲章

行動憲章

株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ(当社)は、公正かつ適法な競争による企業活動を通して利益を追求し、社会との調和を図る。

基本的姿勢
  1. 当社は、企業の社会的責任を自覚し、法令や社会規範、企業倫理を遵守する。
  2. 当社は、社員の能力発揮と自立的な活動を支援して、自己実現の機会と職場を提供する。
  3. 当社は、地域社会の一員として地球環境の保護に努め、社会の文化や慣習を尊重してその発展に貢献する。
  4. 当社は、当社で働くすべての人の人権を尊重する。
  5. 当社で働くすべての人は、この行動憲章と『株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ行動規範』の理解に努め、実践する。
企業活動の公正運用
  1. 当社は、透明かつ公正な商取引を行い、輸出規制や独占禁止法などあらゆる商関連法規を遵守する。
  2. 当社は、業務上知りえた企業情報及び保有する個人情報を厳重に管理し、不法な利益獲得に利用しない。また、それらの情報の取扱いによって、当社及び個人を含む関係先へ損害を与えないよう管理し、行動する。
  3. 当社は、あらゆる知的財産の保護管理に努め、知的財産の権利を尊重する。
  4. 当社は、反社会的勢力に対して一切妥協せず、断固たる態度を保持する。
リスク管理と危機発生への備え
  1. 当社は、企業活動の中で発生する悪い事象(「リスク」)に対し、常に備えを怠らない。また、企業経営に重大な悪影響を及ぼす状況は天災を含めすべて「危機」とみなし、発生した場合には人命尊重を最優先して全力でこれに対処する。
  2. 当社で働くすべての人は、“「リスク」と「危機」につながるあらゆる情報”を知った場合に、迅速かつ正確な報告義務を負う。状況によっては例外報告手段等も活用し、当社は「リスク」と「危機」の対応にあたる。
  3. 当社で働くすべての人は、「リスク」と「危機」に対応する際、別に定める『危機管理―危機発生時の行動規範』に従い行動する。

2013年6月21日
株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ
代表取締役社長 長井啓