現在ページ

IR情報開示方針

情報開示方針

当社は、金融商品取引法および株式会社東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示に関する規則」に沿って情報開示を行っています。
また、投資家の皆様が当社をご理解いただくために有用と判断される情報についても、積極的かつ公平に開示する方針です。

適時開示体制

適時開示に関する基本姿勢

当社は、投資者の投資判断に重要な影響を与える会社情報について、社内規程である「内部者取引管理規程」等に従い、適時適切な開示を行うことを基本姿勢としております。

適時開示に係る社内体制の状況

重要な会社情報は、子会社に係る情報も含めて決定事実、発生事実及び決算情報のいずれの場合も、代表取締役社長によって任命された情報取扱責任者(経営企画・財務・会計担当執行役員)に集約される体制をとっております。
会社情報の報告を受けた情報取扱責任者(経営企画・財務・会計担当執行役員)は、関連部署と協議を行った上で、適時開示規則に基づく開示義務情報に該当するか否かなどの判断を行い、代表取締役の承認を得て開示内容や時期などについて決定を行います。
取締役会の決議を要する事項については、決議後速やかに情報取扱責任者(経営企画・財務・会計担当執行役員)にその決定事実が伝達され、適時開示の実行を決定します。
適時開示の実行を決定した情報取扱責任者(経営企画・財務・会計担当執行役員)は、当該会社情報の開示手続き及び管理をIR 担当部門に指示します。
開示方法は、TDnet(Timely Disclosure network:適時開示情報システム)への登録及び必要に応じて報道機関への資料投函などの方法をとっております。また、自社ウェブサイトにもTDnet に登録したものと同一の情報を掲載しております。

適時開示体制図

決定事項・決算事項・発生事項

IR担当部門には情報取扱責任者(経営企画・財務・会計担当執行役員)を置きます。IR担当部門は各部門・グループ会社からの適時開示情報の通知の報告を受け、適時開示基準の確認、適時開示資料の作成、経理・財務内容の確認、適時開示資料の提出について互いに協議します。各部門・グループ会社は代表取締役に報告し、代表取締役は付議事項を取締役会を経て東京証券取引所(TDnet)に開示するとともに自社ウェブサイトへの掲載を指示します。

免責事項

当社ウェブサイトの全ての情報は、株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ株式の購入や売却等を勧誘する目的で作成されたものではありません。
また、本ウェブサイトに記載されている事項で歴史的事実でないものは、将来の戦略や業績等に関する見通しです。これらは、当社経営者の判断に基づくものであり、事業環境の変動等のリスクや不確定要因を含んでおります。そのため、実際の業績につきましては、これら見通しと大きく異なる結果となる場合があり得ることをご了承願います。
さらに、本ウェブサイトに掲載された情報または、本ウェブサイトを利用することで生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対して、当社は一切責任を負いません。また、予告なしにウェブサイト運営の中断、中止や情報の変更を行うことがありますが、これらによって生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対しても責任を負うものではありません。


チャート

アクセスランキング
  1. 決算短信
  2. 役員一覧
  3. 決算短信
  4. IRニュース
  5. IR資料

集計期間:2018年05月14日 ~
2018年05月20日

  • ハーモニックドライブ®の原理