現在ページ

INTERVIEW03

お客様の求める納期で製品をお届けするには、多くの部門との協力が必要です。

新卒 / 事務職

N. O.

2015年度入社 / 総合経営学専攻
生産管理

これまでのキャリア
生産計画4年目(2018年11月時点)

当社への応募きっかけから入社を
決断したまでの経緯を教えて下さい。

地元に近く、海外に関わる仕事ができる企業に入社したいと考えながら就職活動をおこなっていました。就活情報サイトで当社を知り、希望条件に合っていたため会社説明会に参加しました。製造業に対しての知識はありませんでしたが、扱う製品のユニークさ、世界にも目を向けている当社の姿勢に大変興味がわきました。また、福利厚生がしっかりしているところも大いに魅力を感じました。

現在の仕事内容を教えて下さい。

現在は生産計画の仕事をしています。工場が日々生産する日程計画の立案と管理業務をおこなったり、営業を通してお客様のご要望を受け取り各部門と調整をおこなったりしています。生産計画の仕事では、製品に必要な部品の確認や生産ラインの負荷調整をおこない、お客様へ日程通りに製品を納入できるようにすることが求められています。

現在のお仕事でやりがいを感じること、
大変だと感じることを教えて下さい。

製造の進捗状況をフォローし、お客様へ納期通りに製品を納入し続けることにやりがいを感じます。製品が納入されるまでには様々な部門との協力が必要です。各部門と連携がとれた結果が納入だと私は思っています。
大変なことは、お客様の様々なご要望に応えるための関係部門との調整業務です。調整業務は、部材納入日の調整、加工工程から組立工程完了までの日程調整、製品の出荷検査から梱包・発送までの日程調整など、関係部門と様々な調整をおこない、お客様のご要望に応える業務です。多くの部門をまたいでの調整で、うまくいかないことが多々あります。しかし、その大変さがあるからこそ、やりがいに繋がるのだと思います。

当社で挑戦してみたいことを教えて下さい。

現在は国内のお客様を担当していますが、今後は海外のお客様と関われる仕事をやりたいと考えています。
学生時代に外国語を学び海外の人々とコミュニケーションをしていく中で、将来は「日本」という枠にとらわれないで仕事をしてみたい!と思うようになりました。そのために現在は社内で実施している英会話教室で英語の勉強をしています。

どんな学生時代を送っていましたか。また、学生時代で学んだこと(勉学、部活、アルバイトなど)で仕事に活かせていることがあれば教えて下さい。

小学校~高校までは運動部に所属しており、部活漬けの日々でした。大学に入ってからは経営学や人事制度を学ぶ傍ら、様々なアルバイトを経験しました。部活では、何かに熱中する楽しさと向上心、忍耐力を学びました。
大学では福利厚生や職場環境の重要性に気付かされ、それが当社を選ぶことに繋がったと思います。また、アルバイトでは様々な人と関わる中でコミュニケーション力を身に着けることができました。どの経験も現在の仕事に活かせていると思います。