現在ページ

INTERVIEW01

かつて見たことのない、ユニークな機構に一目惚れしました。

新卒 / 技術職

T. K.

2017年度入社 / ロボティクス学科専攻
製品開発

これまでのキャリア
製品開発1年目(2018年11月時点)

当社への応募きっかけから入社を
決断したまでの経緯を教えて下さい。

高校時代の校内企業説明会で偶然ハーモニックドライブ®に出会ったことがきっかけです。今まで見たことのなかった独特な機構に感動して「就職するならもうここしかない!」と直感的に思いました。
大学に進学してからも当社に就職したいという気持ちはまったく変わりませんでした。周囲には「専門性が高いロボティクス学科でさえ毎年数名が受けているが、10年間内定者が出ていないほど(当社の就職は)難しい」と言われました。それでも当社に絶対に就職する!と思い、それを目標にしながら学生生活を送っていました。

現在の仕事内容を教えて下さい。

私が所属している部署では、ハーモニックドライブ®を組み込んだアクチュエータや制御用ドライバなどメカトロニクス製品の開発をおこなっています。
現在、私は新製品の薄型扁平アクチュエータの量産評価をおこなっています。仕事の内容としては、実際に市場に出る量産品を用いた耐久評価や動特性評価、お客様からの要望を受けて他社メーカー製のドライバとのマッチング評価などをおこなっています。

現在のお仕事でやりがいを感じること、
大変だと感じることを教えて下さい。

新製品の評価は責任も大きく、また評価の量も多いです。多岐に渡る評価内容の1つ1つに集中しながら他の評価も並行してこなさなければいけないのでとても大変です。
ですが、その分だけ今やっている仕事の成果がそのまま製品に繋がること、評価の中で得られたデータが次の製品開発に繋がることを思うと、量産評価はとてもやりがいを感じられる仕事です。

当社で挑戦してみたいことを教えて下さい。

ハーモニックドライブ®に代わる新しい製品開発をしてみたいです。当社は約50年で様々な製品を出していますが、その根幹にあるのはハーモニックドライブ®です。これから先、姿形が変わってもその事実が変わることはないでしょう。
いつになるかはわかりませんが、先人たちが苦労してハーモニックドライブ®を創り上げたように、当時よりも恵まれた環境で仕事ができるからこそ新しい事にどんどんと挑戦していきたいです。そして、ハーモニックドライブ®を超える新しい製品を自分の手で創り上げたいと思っています。

Uターン就職で当社に入社されましたが、
改めて安曇野周辺で暮らして感じた楽しいところ、大変なところを教えて下さい。

長野に帰ってきて良かったと感じることは、なんと言っても自然が多いことですね。空気や水もおいしくて、休日にふらっと散歩するだけでもいいリフレッシュになります。通勤時もアルプスを眺めながら自家用車を運転しているだけで日々の疲れが癒されます。
一方で、安曇野は雪国ですので冬になると大変な時もあります。安曇野住民にとっては雪おろしとスタッドレスタイヤ、寒冷地用ウォッシャー液は必需品ですね。

  • 安曇野市穂高地域にある当社工場へ通勤する際には自家用車が必須です。

どんな学生時代を送っていましたか。また、学生時代で学んだこと(勉学、部活、アルバイトなど)で仕事に活かせていることがあれば教えて下さい。

当社に就職するべく勉強や研究に打ち込んでいたかというと、そういうわけでもありません。たしかに勉学は大事です。大学時代に学んだロボティクスの知識は今の仕事をするにあたってとても役に立っています。
ですが、自分のやりたいことを我慢せずに趣味の模型製作に励んで雑誌作例を作ったり、自転車で沖縄一周したりと、いろいろなことに挑戦しました。新しいことに挑戦すること・何かを成し遂げることの楽しさを知ることができたおかげで今の仕事にも全力で取り組むことができていると思っています。