業績見通し

Financial Results Forecast

2023年3月期 業績見通し

2023年3月期における当社グループの事業環境は、半導体不足や原材料・エネルギー価格の高騰など先行き不透明な状況が継続しております。一方、EV化の世界的な拡大による強い設備投資需要、旺盛な半導体需要に伴う設備投資の継続など、産業用ロボット、協働ロボット、半導体製造装置用途を中心に高い水準で需要が推移していくものと予測しています。
また、近年新たな市場として注力してまいりました先進医療用途(手術支援ロボット関連)の拡大、車載用製品の需要の拡大も見込まれており、成長機会が増大していくものと見込んでおります。

このような見通しのもと2023年3月期の連結業績につきましては、売上高750億円、営業利益130億円、経常利益130億円、親会社株主に帰属する当期純利益90億円を予想しております。

  • ※11株当たり連結当期純利益は、全ての期間において2014年10月1日付の株式分割(1:3)後の数値に換算して表示しております。

本サイトでは、お客様の利便性向上や閲覧状況の統計的な把握などを目的に、クッキー(Cookie)を使用しています。クッキー(Cookie)についてをご参照のうえ、クッキーの利用に同意していただける場合は「同意する」ボタンをクリックしてください。

同意する