現在ページ

業績見通し

2022年3月期 業績見通し

2022年3月期における当社グループの事業環境は、新型コロナウイルスの感染拡大の長期化が懸念されることなど予断を許さない状況ではあるものの、半導体製造装置向けの需要が堅調であることに加え、自動車関連や電子機器・家電関連の自動化投資を背景に産業用ロボット向けの需要も良好に推移するものと見込んでおります。

このような見通しをもと2022年3月期の連結業績につきましては、売上高520億円、営業利益66億円、経常利益67億円、親会社株主に帰属する当期純利益47百万円を予想しております。

連結売上高の推移 2018/3期 54,339百万円 2019/3期 67,809百万円 2020/3期 37,487百万円 2021/3期 37,034百万円 2022/3期 52,000百万円

連結営業利益の推移 2018/3期 12,598百万円 2019/3期 16,903百万円 2020/3期 -195百万円 2021/3期 865百万円 2022/3期 6,600百万円

連結売上高営業利益率の推移 2018/3期 23.2% 2019/3期 24.9% 2020/3期 -0.5% 2021/3期 2.3% 2022/3期 12.7%

1株当たり連結当期純利益の推移※1 2018/3期 86.90円 2019/3期 120.52円 2020/3期 -11.38円 2021/3期 6.88円 2022/3期 48.82円

  • ※11株当たり連結当期純利益は、全ての期間において2014年10月1日付の株式分割(1:3)後の数値に換算して表示しております。